カテゴリー別アーカイブ: アクセサリー修理

ガボールのブルドッグの牙の補修

ガボールガボールのキーチェーンなのかウォレットチェーンなのか分かりませんが、ガボール定番のブルドッグモチーフのチェーンです。ブルドッグがリングをくわえたデザインです。リングは、あごの部分で留まるようになってますが、リングを引っ張るとあごがを伸びてきて、キバに力がかかるようになります。キバに力がかかれば、キバに亀裂が生じたり、この写真のブルドッグのように折れたりします。このブルドッグはデザイン的に強度が弱いのであまり強く引っ張ったりしないように気を付ける必要のあります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

シルバーキーホルダーの新品仕上げ

キーホルダーキーホルダーは、指輪やネックレスと違って、手荒に扱われやすいので、キズついたりしやすいアイテムです。このシルバー製のキーホルダーは持つとズッシリとした重厚感があって、いぶしのデザインが高級感を醸し出しています。キズついたり光沢がなくなっていても、シルバーは表面を研磨すればかなりきれいになります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

クロムハーツ/ジッポライターのゆがみ修理

クロムハーツ
クロムハーツ/ジッポライター・CHクロス・NYCです。お店やネットショップでは18万円程度で販売されています。ワイドボディタイプなので、持つとずっしりとした重量感があって、高価な感じがします。やはり重いので落とした場合、打ち所が悪いとフタが歪んでしまいます。


クロムハーツ

このライターも落としたことで、キズだけでなくフタもゆがんでしまって、きちんと閉まらなくなっています。
東京よりクロムハーツ/ジッポライターのゆがみ修理のご依頼です。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

クロムハーツのウォッチバンドのコマ詰め

クロムハーツクロムハーツの時計バンド(ウォッチバンド)です。ウォッチバンドだけでも10万円ほどで販売されていますが、ネットショップなどでは、ロレックス付きで数十万円から数百万円で販売されています。重いし高いし腕に着けるには実用的ではありませんが、やはりそこはロレックス&クロムハーツなのでとても人気です。
神奈川県より1コマカットのご依頼です。


※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ガボールのウォレットチェーンのフック接続修理

ガボールのウォレットチェーン修理
GABOR(ガボール)のウォレットチェーンのフック部分が折れてしまったようです。
ご自分で溶接や接着剤で付けようとしたのですが、やはりどうもきれいに付かなくて、栃木県よりお送りいただきました。
シルバーなので溶接では付きません。銀専用のロウ付けかレーザー溶接で接続します。


ガボールのウォレットチェーン修理
数十万ほどするガボールのウォレットチェーンもこうなると価値がありません。
溶接した後の金属が切断部分に盛り上がってきたなくなっているので、溶接時の金属をきれいに取ってそれからロウ付けをします。
パンツにきちんと収まるように、フックを適切なスキマに調整して仕上げます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

クロムハーツのライターのゆがみ直しと新品仕上げ

chromehearts_10.jpgクロムハーツのCHクロスをモチーフにした定番モデルのジッポータイプライターです。手にズッシリとくる重厚なジッポーは、クロムハーツならではのアイテムです。
ライターは指輪やネックレスなどと違い、落としたりしやすいので、凹んだりゆがんでフタが閉まらなかったりすることがあります。このライターも持ち主の方が落とし時に、上ブタが凹んでしまったようです。矢印部分のフタが凹んでいるのが分かります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

クロムハーツのベルトのバックル修理

chromehearts_04.jpgクロムハーツのベルトのバックル部分のピンが折れて無くなってしまいました。真鍮や合金製のバックルであれば、かなり強いのですが、シルバーの場合は、強度的にそれらと比べると弱いので、可動部分があるアクセサリーは注意して扱う必要があります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ヴェルサーチのバックルも金メッキでピカピカの新品に

d93e36f9.jpg
有名ブランド品のアクセサリーは、真鍮素材にメッキ製品が多く、シルバーを使ったアクセサリーはあまり見たことがありません。もちろんティファニーやジャンセルなどのジュエリーメーカーや銀工房のシルバーは、スターリングシルバー製のものです。
ルイビィトンやヴェルサーチなどのアクセサリーや小物類はメンテナンスなどを考えてメッキしているものが多く、修理ができないものがほとんどです。ネットショップのなかには、色が銀色なので、素材を「シルバー」と表記しているところもありますが、もちろん「silver」の刻印も入っていません。
しかし購入した人からすると、高価なブランド品なので、古くなったからといって捨てるのはもったいないとか、プレゼントされたものなので、捨てられないという理由でなんとかリペアして使いたいと思っている人も多いはずです。
このヴェルサーチのベルトも、バックルのメッキ部分がこんなにハゲてしまって銀色の合金?がむき出しの状態です。ブランド品もこうなっては台無しです。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む