シルバーバングルの折れを接続修理

Pocket

バングル修理
バングルは、腕に着ける時に、開いている部分を持って少し間をあけてから腕を入れる人が多いアクセサリーです。
そのため、金属疲労で亀裂が生じたり、折れたりすることも多いのです。指輪やネックレスを曲げたり、伸ばしたりして着ける人はいないのに、バングルは、力を入れて変形させやすいので、よく折れたりするのです。
特にトルコ石などが着いているネイティブアメリカンジュエリー(インディアンジュエリー)のバングルは、よくこのトルコ石の着いている部分が弱く、その部分から亀裂が生じて、やがて何回も広げたり縮めたりすることで、ポキンと折れてしまったりします。石のついているものや、細工が入っているバングルは、強度的に弱い部分があるので、力をいれて広げたりしないようにしてください。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


バングル修理
修理前の写真とさまさまになっているので分かりにくいですが、何とか表面の模様もきちんとつながって見えるように接続できました。


200511283.jpg
単純に接続(ロウ付け)するだけでは強度的に弱いため、バングルの裏側に薄い銀板を貼り付けて補強を行います。補強部分だけはやはり厚みが他のところと比べると、少し厚くなります。

バングル修理
厚くなるといっても、腕に着けている状態では、他人が見ても分からないほどです。



バングルの亀裂修理、補強修理などの他、アクセサリー/ジュエリーの修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

アクセサリー修理問合せフォーム
アクセサリー修理問合せ窓口
ナチュラルモーメント修理センター
〒542-0081
大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east 3F
06-6226-7091
Pocket