ガボールのブレスレットのつや消し加工

Pocket

bfab509c.jpg

バイカー系やハード系と言われるシルバーアクセサリーのほとんどは、凹凸の激しいデザインにいぶし処理されたものが多いです。このGabor(ガボール)のブルドックヘッドのシルバーブレスレット(Bulldog Head Double Bracelet)も本来ならいぶし処理とつや消し加工によって、ビンテージな感じをかもし出しています。



写真では分かりづらいですが、ブルドックの頭やリンク部分がピカピカになってしまっています。本来ならつや消しの部分が、どういった事情でこのなったのか分かりませんが、研磨されてしまって鏡面になってしまった状態です。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


c076d5da.jpg
シルバーのつや消し加工には色々な方法があります。工房では様々な設備や機械をつかって行うつや消し加工も、熟練職人にかかると、ちょっとした工夫で機械も使わずにこの写真のように柔らかい感じのつや消しが簡単にできます。



GABOR(ガボール)
1953年5月30日、ハンガリーのブタペストで生まれ、14歳から金・銀・プラチナなどの貴金属加工を学び、1978年25歳で渡米。その後10年間様々なスタジオでキャリアを積み、1988年実験室を意味するラボラトリーとガボールの名前を合わせた造語でガボラトリーと自らのファクトリーを名づける。スカルと言えばガボールといわれるほどそのガボールのスカルは一線を画した。アメリカでも彼のスカルを愛する人は多く、その顧客リストには様々な有名人を名を連ねている。



ガボールのブレスレットのつや消し加工やサイズ直しなどの他、アクセサリー/ジュエリー全般の修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

アクセサリー修理問合せフォーム
アクセサリー修理問合せ窓口
ナチュラルモーメント修理センター
〒542-0081
大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east 3F
06-6226-7091
Pocket