ガボールのブレスレットの新品仕上げ

Pocket

gabor_01.jpg
ガボールのブレスレットは、ブルドックやライオンなどのモチーフが付いているものは、20万円以上するものがほとんどです。このブレスレット(2Bulldogs With H.W.O & Chiseled Anchor Links Bracelet)も30万ほどします。
長い間着けていると、シルバー製のブレスレットなのでキズが入ったり黒ずんだりします。この写真のブレスレットは、ブルドックの顔がソバカスだらけになっています。単純に研磨すればきれいになるのですが、研磨だけではピッカピカになってしまって、安物くさくなります。


gabor_02.jpg
キズや黒ずみを取って磨くだけでなく、にぶい光沢がでるように新品仕上げを施します。


GABOR(ガボール)
1953年5月30日、ハンガリーのブタペストで生まれ、14歳から金・銀・プラチナなどの貴金属加工を学び、1978年25歳で渡米。その後10年間様々なスタジオでキャリアを積み、1988年実験室を意味するラボラトリーとガボールの名前を合わせた造語でガボラトリーと自らのファクトリーを名づける。スカルと言えばガボールといわれるほどそのガボールのスカルは一線を画した。アメリカでも彼のスカルを愛する人は多く、その顧客リストには様々な有名人を名を連ねている。



ガボールのブレスレットの新品仕上げや長さ調整などの他、アクセサリー/ジュエリー全般の修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

アクセサリー修理問合せフォーム
アクセサリー修理問合せ窓口
ナチュラルモーメント修理センター
〒542-0081
大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east 3F
06-6226-7091
Pocket