カテゴリー別アーカイブ: 修理・リフォームTIPS

修理ができる材質と出来ない材質

ジュエリー、アクセサリーは様々な材質で作られています。一般的に販売されているジュエリー/アクセサリーは、ゴールド、プラチナ、シルバーなどが多く、最近ではタングステンやステンレスなどの新素材を使ったアクセサリーなども販売されています。



当店では修理できる材質と出来ない材質を次のように分けていますので、修理のご依頼の目安にしてください。



お持ちのジュエリーの材質が分からなければ、「アクセサリーの材質を調べる方法」のページを参考にしてみてください。



それでも分からなければ遠慮なくお送りください。職人が現物を見たうえで、材質や修理の可否を判断させていただきます。

材質の判断、修理の可否、お見積りなどは無料です。

修理が可能な材質


  • プラチナ(Pt900、Pt950、Pt1000など)
  • ゴールド(K10、K14、K18、K22、K24など)
  • シルバー(SV925、SV950、SV1000など)
  • パラジウム
  • 銅/真鍮
  • すず

※上記材質であって、デザイン、細工、仕上げや加工の状態などによって、修理できないものもございます。



修理ができない材質


  • ステンレス
  • チタン
  • タングステン
  • アルミニウム
  • その他合金
  • 金属以外の素材(樹脂、革、ガラス、セラミックなど)

ゴールド、プラチナ、シルバーは古代より使われてきた素材で、修理に関しては修理のための設備・工具や技術が確立されています。そのため多くのジュエリーショップや職人さんは修理することができるポピュラーな素材なのです。



しかし同じゴールドに見えても、K18やK24などと、違う素材でできたゴールドもあります。プラチナやシルバーも同じです。同じような金属に見えても材質が違うと性質や強度などが変わります。



このように材質の違うものを修理するには、それ毎の性質に合わせた修理方法や修理設備が必要です。そのためゴールド、プラチナ、シルバーであっても修理できな場合があります。


素材が分からなければ遠慮なくお送りください。職人が現物を見たうえで、材質や修理の可否を判断させていただきます。

材質の判断、修理の可否、お見積りなどは無料です。

ご質問やご相談などございましたら、遠慮なくお問合せください。お問合せフォームまたは、フリーダイヤルをご利用ください。

指輪のロウ目とは

roume_2.jpg
ロウ目(ロー目)とは、指輪などのサイズ直しにおいて、切ってロウ付けした部分の痕を言います。指輪を見て「ロウ目が出ている」とは、ロウ付け箇所が目立ってきているという意味です。
シルバー、ゴールド、プラチナなどの貴金属製の指輪は、サイズ直しする場合に接合するためにロウ付けを行います(レーザー溶接の場合もある)
ロウ付けというのは、金属を接合する溶接の一種で、接合する本体よりも融点の低い合金(ロウ材)を溶かしてそれを接着剤として用いることにより、本体自体を溶かさずに接合する技術です。指輪のサイズ直しやジュエリーの修理で一般的に使われている手法です。
ただこのロウ付けの欠点は、指輪本体の金属と接合に使うロウ材の成分が異なるため、色合いが少し違うことです。サイズ直しをするとロウ付けした部分を良く見ると線が入ったようになっています。
性質(成分)の違う金属通しを接合しているので、接合部分の色合いが違っているのは、どうしようもないことですが、熟練職人が行えばほとんどの場合サイズ直し直後はロウ目が分かりません。
違う性質の金属といっても、シルバーリングに使うロウ材は銀ロウといってシルバーの合金です。シルバーどうしを接合するので、ロウ目は目立ちません。
サイズ直し直後であまりにもロウ目が目立つ場合は、ロウ付け作業に問題があるかもしれません。
※上の写真は、ロウ付け部分に端っこに亀裂が入ってきています。

シルバーリングをサイズ直しした直後はロウ目が目立たなかったのが、数か月するとロウ目が目立つ場合があります。シルバーの場合は、空気中の硫黄分で黒ずんできますが、黒ずみの速度もシルバーの成分によって変わりますので、シルバーリングの本体とロウ材の成分の違いで黒ずみの違いに現れるわけです。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


roume_1.jpg
ロウ目を目立たなくするためにロジウムメッキをするところもあります。ホワイトゴールドなどはもともとロジウムメッキしているのでいいのですが、いぶし加工を行っているシルバーリングはメッキができませんので、その場合は、シルバー磨きなどでこまめに手入れをすればロウ目は目立たなくなります。
レーザー溶接を行うとロウ目が目立ちませんが、ロウ付けより接合強度が落ちますので、指輪のデザインや細工などを考慮して最適な方法でサイズ直しを行うようにしてください。


指輪のサイズ直しなどの他、アクセサリー/ジュエリー全般の修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

レーザー溶接のメリット

指輪のサイズ直しなど、ジュエリーやアクセサリーの接合(溶接)には、現在大きく分けて、「ロウ付け」「レーザー溶接」があります。

ロウ付けとは、従来から行われてきた手法で、ハンダ付けのように、接合剤をバーナーで溶かして金属同士を付ける方法です。接合剤は、付ける金属によって変わります。金を付ける場合は「金ロウ」、銀を付ける場合は「銀ロウ」といったものを使います。

レーザー溶接とは、レーザー光線を使って金属どうしを付ける方法です。レーザー光線は、エネルギー密度が高いうえ、制御もしやすく、微少な溶接や精密な溶接に適しています。また、接合剤を使わず金属どうしを付けることができます。

レーザー溶接のメリット
レーザー溶接には、以下のようなメリットがあります。

1.溶接部分が目立たない。
金属どうしを直接付けるため、他の素材が混じらないので、接合部分が目立ちません。指輪のサイズ直しなどは、一旦指輪を切断し、サイズを調整したうえで、溶接する必要があります。その際、従来のロウ付けだと、接合剤(ロウ剤)で付けているので、付けた箇所の色合いがもとの金属と違うため、接合部分が分かってしまいます。

2.宝石付きのジュエリーも溶接できる。
宝石付きの指輪などをサイズ直しする場合、従来の「ロウ付け」では、高温のバーナーを使うため、宝石にも熱が伝わります。熱に弱い宝石が付いている場合、サイズ直しができないか、または一旦宝石を外すほかありませんでした。その点、レーザー溶接は、ピンポイントで溶接できるので、接合部分以外に熱が伝わりにくく、宝石が付いている場合でも、影響をあたえません。

3.複雑なデザインや手の届かない部分の溶接できる。
ロウ付けでの溶接では難しかった、複雑なデザインのジュエリーや、ピンセットなどでも届かない狭い部分の修理や溶接が可能です。レーザー光線が届く空間があれば、溶接ができることもあります。

4.金、銀、プラチナ以外の金属でも溶接できる。
すべての金属ではありませんが、ジュエリーで主流の金、銀、プラチナ以外の金属でも修理や溶接が可能です。真鍮、銅、合金など、ジュエリーショップで断られる金属でできた指輪のサイズ直しや修理をすることもできます。

レーザー溶接のデメリット
レーザー溶接は、従来のロウ付けと比べて、いいように思えますが、レーザー溶接機自体が高価であることから、多くのジュエリー店では、サイズ直しや修理費用が高くなることがあります。また、レーザー溶接自体の技術が必要です。
小さな工房やアクセサリーショップなどでは、レーザー溶接機を導入していないことから、ロウ付けでの修理が主流です。修理の内容によっては、レーザー溶接でなくても、ロウ付けで充分なこともありますので、修理を依頼される場合は、ショップにご確認ください。

<参考>
このように → 大きな宝石付きがついた指輪でも、宝石を傷めず、溶接個所も目立たなくサイズ直しできます。


レーザー溶接を使った指輪のサイズ直し、アクセサリー/ジュエリーの修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

指輪サイズ直しの料金

指輪のサイズ直し料金は、指輪の状態(デザイン、素材、細工などの有無など)と、どの程度サイズ直しするかによって変わってきます。基本的には職人が現物を確認したうえで、サイズ直しが出来るかどうかの判断とサイズ直し料金の見積もりを算出いたします。

サイズ直しの料金は、以下の「サイズ直し基本料金」と各項目の料金を加えた料金になります。

●サイズ直し基本料金:2,500円

●サイズアップ追加料金
 1号サイズアップにつき300円加算

●リングの形状による追加料金
 リングの幅や厚みがある指輪は、追加料金が必要となる場合があります。
 ・幅5.0mm以上/厚み2.0mm以上の場合、サイズアップ追加料金別途見積もり
 ・幅10.0以上/厚み3.0以上の場合、サイズアップ追加料金別途見積もり

●大幅なサイズ直しの加算料金
 6号以上のサイズアップまたはサイズダウンは、サイズアップ追加料金必要(サイズ調整幅による見積り)

●素材による追加
 ホワイトゴールド、ピンクゴールド、真鍮、スズ合金の場合、以下の料金が加算されます。
 ホワイトゴールド、ピンクゴールド:1,000円、真鍮:1,000円、スズ合金:1,500円

●表面仕上げ加工のある指輪の追加料金
 つや消し、いぶし仕上げ、メッキを施された指輪の場合、下記料金が必要です。
 つや消し:300円、いぶし仕上げ:2,000円、メッキ:1,500円

●石付きリングの追加料金
 ダイヤ、ルビー、サファイヤなどの石留めのある指輪の場合、追加料金:1,000円
 上記以外の熱に弱い石付きの指輪の場合、追加料金:3,000円

●指輪の状態による追加料金
 石留めにぐらつきがあったり、亀裂があったり、メッキのはがれなどがある場合、
 その状態によって、別途料金が必要です。

●リング内側文字入れ追加料金
 リング内側に文字入れがあり、入れ直しが必要な場合、文字入れ加算料金:1,000円

●特殊デザインによる追加料金
 ブルガリ B-zero1リングやヴィヴィアンウエストウッドのアーマーリングのような、
 リングを複数組み合わせた構造の指輪など、特殊な構造をした指輪の場合、別途料金
 が必要です(見積もり)

●レーザー溶接の場合追加料金
 指輪の構造や石留めの状態などで、レーザー溶接が必要な場合、レーザー溶接料金が必要です。
 ・レーザー溶接追加料金:2,000円(一か所)

※指輪のサイズ直しと同時に、キズ補修などの修理や新品仕上げなどを行う場合は、一緒にできる作業分上記の料金も安くなるなど変わる場合もあります。

正式なサイズ直し料金は、職人が現物を確認したうえでお見積りさせていただきます。

アクセサリーの材質を調べる方法

06.jpg指輪やネックレスなど、ほとんどのアクセサリーには材質を示す刻印が入っています。これは指輪のサイズ直しや修理などの時に、どんな材質でできているのかが分かるようにするためです。(しかし、入っていないものもあります)

指輪であれば内側や後面に、ネックレスチェーンやブレスレットであれば留め具部分やプレートなどに入っています。



■シルバー:「SILVER」「SV」「925」「SV925」「STERLING」「SV1000」など

■ゴールド:「K18」「K22」「K24」「18WG」「750」など

■プラチナ:「PT」「PT900」など

■真鍮・銅:「BRASS(真鍮)」、「COPPER(銅)」など

■メッキ製品:「プラチナPF」「18金GF」「K18GP」(PF,GF,GP)など

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

指輪のサイズ直しができる材質

指輪はさまざまな材質のものが販売されています。
代表的な材質である貴金属のゴールド、プラチナ、シルバーなどは、多くの宝石店やジュエリーショップで販売されています。
アクセサリーショップなどで人気のアンティーク調な風合いの指輪は、真鍮や銅などを使っています。
最近では、チタン、ステンレス、タングステンなどの新しいマテリアルを使った指輪も多くなってきました。
また、樹脂やカーボンなどの金属以外の素材で作られたものや、それらを組み合わせた指輪もあります。
こういった様々な素材で出来ているため、すべてがサイズ直しできるかといえば、やはりできないものもあります。
素材ごとに特徴や性質がことなるため、従来のロー付け(溶接)だけでは対応できない材質の指輪もあります。
そのため、レーザー溶接をつかった手法が必要となります。
今まではバーナーなどの高熱を使えなかった加工(例えば、火に弱い宝石が付いている指輪など)や、手が入らない細かい部分の修復などが可能になりました。一部分だけレーザーで切断・溶接ができるので他店では断られたブランドものまで修理可能です。
レーザー溶接でサイズ直しを行なうと、切断箇所が分からないという特徴もあります。
●指輪の材質やデザインなどの状態を判断して、最適な方法でサイズ直しを行ないます。
長年培われてきた熟練職人たちのクラフトマンシップと最先端の設備で、安心しておまかせ下さい。

抜けなくなった指輪の外し方

指輪を長い間着けっぱなしにしていると、体型の変化により抜けなくなったなんていうことがあります。
石鹸などを泡立てて指と指輪にこすり付けて、軽く指輪を回しながら引くと抜けやすくなります。しかし何度やってダメな場合が、次ののビデオを参考にしてみてください。さまざまな指輪の抜き方が紹介されています。

続きを読む

リングサイズの測り方

指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まります。正確に計測したい方は、宝石店やアクセサリーショップなどでリングサイズゲージを使って計測してもらうのがベストです。しかし次の方法を使えば、ご自分でも指輪のサイズを簡単に知る方法があります。

※個人差もありますが、測る時間帯や体調により指のむくみが有る場合は、0.5号ほど変動します。測る指の状況を考慮してリングサイズを決めてください。また、幅広のデザインは少しキツク感じる事もあるので、やや大きめ(1?2号)の号数をお選び下さい。

指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まりますので、糸や紙の帯を指に巻きつけてその長さを測れば、指周りの長さが分かります。その長さ(円周)をリングサイズ対応表で調べればリングサイズが分かります。

1.用意するもの

step1.jpg
・紙の帯、木綿糸やひも...伸縮性のないもの
・マジック...糸に印をつけます
・モノサシ...ミリ単位で測れるもの




2.計測

step3.jpg
・リングを着けたいと思う指のいちばん太い部分(第二関節あたり)が計測箇所です。
・用意した紙の帯(または糸)を指の計測箇所に巻きつけます。
注).きつすぎず、ゆるすぎず調度いい感じで巻いて下さい。
・糸が重なる部分にマジックで2本とも印を付けます。



step4.jpg
・糸を伸ばすと、2箇所にマジックで付けた印があります。
・印と印の間を測り、下のリングサイズ換算表からリングサイズを調べて下さい。


3.リングサイズ対応表

サイズ 直径(mm) 円周(mm) サイズ 直径(mm) 円周(mm)
1号 13.0 40.8 15号 17.7 55.5
2号 13.4 41.9 16号 18.0 56.5
3号 13.7 42.9 17号 18.4 57.6
4号 14.0 44.0 18号 18.7 58.6
5号 14.4 45.0 19号 19.0 59.7
6号 14.7 46.1 20号 19.4 60.7
7号 15.0 47.1 21号 19.7 61.8
8号 15.4 48.2 22号 20.0 62.8
9号 15.7 49.2 23号 20.4 63.9
10号 16.0 50.3 24号 20.7 64.9
11号 16.4 51.3 25号 21.0 66.0
12号 16.7 52.4 26号 21.4 67.0
13号 17.0 53.4 27号 21.7 68.0
14号 17.4 54.5 28号 22.0 69.0


※紙や糸で測る時の注意
紙テープや糸などを使って指まわりを測る方法は、ちから加減ひとつで大きく誤差がでます。ちからを入れすぎると小さくなり、ゆるんだ状態で測ると大きなサイズになってしまいます。特に紙テープなどを使うと紙の厚さで生じる誤差や、ねじれることで、かなり大きく狂います。正確なサイズから3号以上誤差がでることもあります。紙テープや糸などでの計測は、できるだけ一人で行わず2人で行って下さい。なるべくならリングサイズゲージの使用やアクセサリーショップで計測してもらってください。正確で安心です。

特定商取引法に基づく表示

販売業者 ナチュラルモーメント
運営責任者 廣宮 正晴
所在地 大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east 3F
電話 06-6226-7091
FAX 06-6226-7092
商品代金以外の必要料金 ◎消費税
◎送料:630円 ※但し、北海道・沖縄・離島は、1,050円
◎代引き手数料315円
◎振込手数料(銀行振込)/振替手数料(郵便振替)
引き渡し時期  
お支払い方法 ◎銀行振込(前払い)
◎郵便振替(前払い)
◎クレジットカード:NPカード
DC/VISA/MasterCard/JCB/AMEX/DINERS/NICOS
がご利用可能です。
カード払い
◎代金引換(現金)
◎代金引換(E?コレクト)
佐川急便の代金引換サービス:クレジットカード、 デビットカード、現金
◎コンビニ・銀行・郵便局(後払い):NP後払い
※NP後払いについて
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。
後払い手数料:無料
後払い
<注意>
後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で5万円迄です。
お支払い時期 ◎銀行振込・郵便振替の場合、ご注文一週間以内
◎代金引換/e?コレクトは、商品配達時
◎コンビニ・銀行・郵便局(後払い)は、請求書到着後14日以内
返品
キャンセル
商品・サービスの特性上、返品・キャンセルはできません。