タグ別アーカイブ: ガボール

ガボールのブルドッグの牙の補修

ガボールガボールのキーチェーンなのかウォレットチェーンなのか分かりませんが、ガボール定番のブルドッグモチーフのチェーンです。ブルドッグがリングをくわえたデザインです。リングは、あごの部分で留まるようになってますが、リングを引っ張るとあごがを伸びてきて、キバに力がかかるようになります。キバに力がかかれば、キバに亀裂が生じたり、この写真のブルドッグのように折れたりします。このブルドッグはデザイン的に強度が弱いのであまり強く引っ張ったりしないように気を付ける必要のあります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ガボールのウォレットチェーンのフック接続修理

ガボールのウォレットチェーン修理
GABOR(ガボール)のウォレットチェーンのフック部分が折れてしまったようです。
ご自分で溶接や接着剤で付けようとしたのですが、やはりどうもきれいに付かなくて、栃木県よりお送りいただきました。
シルバーなので溶接では付きません。銀専用のロウ付けかレーザー溶接で接続します。


ガボールのウォレットチェーン修理
数十万ほどするガボールのウォレットチェーンもこうなると価値がありません。
溶接した後の金属が切断部分に盛り上がってきたなくなっているので、溶接時の金属をきれいに取ってそれからロウ付けをします。
パンツにきちんと収まるように、フックを適切なスキマに調整して仕上げます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ガボールのスカルwithスパイクリングのサイズ直し

ガボール指輪サイズ直し
ガボールのSKULL WITH SPIKE RINGのサイズ直し(24号→26号)です。2号サイズアップなので、技術的にはとくに問題のある作業ではありません。このガボールの指輪は、指輪の外側真後ろに刻印が3つ入っています。刻印を均等に残してサイズ直しを行うには、どの箇所でサイズ直しを行うか少し迷うところです。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ガボールのオールスカル・リンク・ブレスレットの長さ調整

ガボール,ブレスレット,長さ調整
シルバーアクセサリーブランドの中でも根強い人気なのがガボールです。スカルを多用したデザインがバイカーやシルバーアクセサリーマニアのこころをとらえています。この「ミニチュア・オール・スカル・リンク・ブレスレット」は、「All Skull Link Bracelet」よりスカルが小ぶりなので、腕に着けやすくなじみます。長さ調整もスカルひとつ取るだけでちょうどいい長さになるとのことで、一コマ取りました。ちなみにこのブレスレットに日本価格は30万円前後します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ガボールのブレスレットのつや消し加工

bfab509c.jpg

バイカー系やハード系と言われるシルバーアクセサリーのほとんどは、凹凸の激しいデザインにいぶし処理されたものが多いです。このGabor(ガボール)のブルドックヘッドのシルバーブレスレット(Bulldog Head Double Bracelet)も本来ならいぶし処理とつや消し加工によって、ビンテージな感じをかもし出しています。

写真では分かりづらいですが、ブルドックの頭やリンク部分がピカピカになってしまっています。本来ならつや消しの部分が、どういった事情でこのなったのか分かりませんが、研磨されてしまって鏡面になってしまった状態です。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

ガボールのブレスレットの新品仕上げ

gabor_01.jpg
ガボールのブレスレットは、ブルドックやライオンなどのモチーフが付いているものは、20万円以上するものがほとんどです。このブレスレット(2Bulldogs With H.W.O & Chiseled Anchor Links Bracelet)も30万ほどします。
長い間着けていると、シルバー製のブレスレットなのでキズが入ったり黒ずんだりします。この写真のブレスレットは、ブルドックの顔がソバカスだらけになっています。単純に研磨すればきれいになるのですが、研磨だけではピッカピカになってしまって、安物くさくなります。

続きを読む