タグ別アーカイブ: プラチナ

修理ができる材質と出来ない材質

ジュエリー、アクセサリーは様々な材質で作られています。一般的に販売されているジュエリー/アクセサリーは、ゴールド、プラチナ、シルバーなどが多く、最近ではタングステンやステンレスなどの新素材を使ったアクセサリーなども販売されています。



当店では修理できる材質と出来ない材質を次のように分けていますので、修理のご依頼の目安にしてください。



お持ちのジュエリーの材質が分からなければ、「アクセサリーの材質を調べる方法」のページを参考にしてみてください。



それでも分からなければ遠慮なくお送りください。職人が現物を見たうえで、材質や修理の可否を判断させていただきます。

材質の判断、修理の可否、お見積りなどは無料です。

修理が可能な材質


  • プラチナ(Pt900、Pt950、Pt1000など)
  • ゴールド(K10、K14、K18、K22、K24など)
  • シルバー(SV925、SV950、SV1000など)
  • パラジウム
  • 銅/真鍮
  • すず

※上記材質であって、デザイン、細工、仕上げや加工の状態などによって、修理できないものもございます。



修理ができない材質


  • ステンレス
  • チタン
  • タングステン
  • アルミニウム
  • その他合金
  • 金属以外の素材(樹脂、革、ガラス、セラミックなど)

ゴールド、プラチナ、シルバーは古代より使われてきた素材で、修理に関しては修理のための設備・工具や技術が確立されています。そのため多くのジュエリーショップや職人さんは修理することができるポピュラーな素材なのです。



しかし同じゴールドに見えても、K18やK24などと、違う素材でできたゴールドもあります。プラチナやシルバーも同じです。同じような金属に見えても材質が違うと性質や強度などが変わります。



このように材質の違うものを修理するには、それ毎の性質に合わせた修理方法や修理設備が必要です。そのためゴールド、プラチナ、シルバーであっても修理できな場合があります。


素材が分からなければ遠慮なくお送りください。職人が現物を見たうえで、材質や修理の可否を判断させていただきます。

材質の判断、修理の可否、お見積りなどは無料です。

ご質問やご相談などございましたら、遠慮なくお問合せください。お問合せフォームまたは、フリーダイヤルをご利用ください。

消防署で切断したプラチナの指輪の接続修理

f0770f19.jpg

ダイヤ入りプラチナリング。サイズが小さくなって(リング自体は縮まりませんが)、どうしても指から取れなくなってしまい、やむを得ず消防署へ行ってカッターで切断。ゆがんで表面もキズだらけのうえ切断してしまったリングです。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

続きを読む

指輪のサイズ直しができる材質

指輪はさまざまな材質のものが販売されています。
代表的な材質である貴金属のゴールド、プラチナ、シルバーなどは、多くの宝石店やジュエリーショップで販売されています。
アクセサリーショップなどで人気のアンティーク調な風合いの指輪は、真鍮や銅などを使っています。
最近では、チタン、ステンレス、タングステンなどの新しいマテリアルを使った指輪も多くなってきました。
また、樹脂やカーボンなどの金属以外の素材で作られたものや、それらを組み合わせた指輪もあります。
こういった様々な素材で出来ているため、すべてがサイズ直しできるかといえば、やはりできないものもあります。
素材ごとに特徴や性質がことなるため、従来のロー付け(溶接)だけでは対応できない材質の指輪もあります。
そのため、レーザー溶接をつかった手法が必要となります。
今まではバーナーなどの高熱を使えなかった加工(例えば、火に弱い宝石が付いている指輪など)や、手が入らない細かい部分の修復などが可能になりました。一部分だけレーザーで切断・溶接ができるので他店では断られたブランドものまで修理可能です。
レーザー溶接でサイズ直しを行なうと、切断箇所が分からないという特徴もあります。
●指輪の材質やデザインなどの状態を判断して、最適な方法でサイズ直しを行ないます。
長年培われてきた熟練職人たちのクラフトマンシップと最先端の設備で、安心しておまかせ下さい。