折れたシルバーバングルの接続修理

Pocket

19de2207.jpg
バングルは、手首に着ける時にギュッと広げたりすぼめたりする方が多く、折れることのの多いアクセサリーです。
シルバーも金属なので変型させると亀裂が入ったり折れやすくなります。特に細工を施したバングルは刻印や細工の入った所(薄くて強度の弱い部分)から亀裂が入ります。亀裂がは入ったまま続けて使うとご覧のようにポッキリと折れてしまいます。
特にインディアンジュエリーのバングルは、トルコ石をはめ込んだものた細工をしたものが多く、石が入ったバングルは、力を加えると石留めのあたりから、折れることが多いので、気をつけないといけません。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


1a1e5006.jpg
折れた部分をそのまま接続するのは簡単ですが、それだと強度が弱く使っているうちに、また同じ部分が折れてきます。そこでシルバーバングルの接続や亀裂修理は、シルバーの薄い板を裏にあてて補強します。(写真:バングルの接続部分が補強されて少し太くなっています)
これで強度を保ち今までと同じように使えるわけです。しかし着ける特に変型を繰り返すとまた同じように亀裂が入ったり折れたりします。
※バングルは出来るだけ変型させずに腕の横から滑り込ませるように着けましょう。


折れたバングルの修理や指輪のサイズ直しなどの他、アクセサリー/ジュエリー全般の修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

アクセサリー修理問合せフォーム
アクセサリー修理問合せ窓口
ナチュラルモーメント修理センター
〒542-0081
大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east 3F
06-6226-7091