シルバーリングに金メッキを施して新品にする

Pocket

143de6fc.jpg

買った時は金メッキされたシルバーリングだったようです。長年着けていると金メッキも薄くなってはがれてきます。そしてシルバーの硫化(黒ずみ)が始まり、写真のように所々金メッキを残して全体的に薄汚れた感じになってきます。デザインもアンティーク調なので、黒ずみもまたいい風合いを出しているのですが、買った当時のように金メッキを施したいとの要望でした。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


f24dee20.jpg
「メッキがはげる」とか言って、実力の無いことがばれる意味で使う「メッキ」なんですが、アクセサリーに関して言えば、たとえば、酸化(腐食)しやすい金属を、酸化しにくい金属で覆い保護したり、また、高級感を出すために使ういい意味での手法なんです。 やはりメッキなの、いずれははがれてきます。それまではアンティークな雰囲気を味わって、飽きてきた頃にピッカピカの金メッキをすれば、また新しいアクセサリーを買ったみたいになります。


指輪の金メッキ、新品仕上げ、サイズ直しなどの他、アクセサリー/ジュエリー全般の修理に関することは、どんなことでもお気軽にお問合せください。

アクセサリー修理問合せフォーム
アクセサリー修理問合せ窓口
ナチュラルモーメント修理センター
〒542-0081
大阪市中央区南船場3-6-25 IBC心斎橋east 3F
06-6226-7091